大空へのいざない
ギャラリー
レポート
デモ
ランディングデモ
フライトデモ
パノラマ写真
ナビソフト
ダウンロード
リンク集
メール
ホーム

ランディングデモ

 指定された場所に安全に降りることは、パラグライダーの中でも最も基本となる技術です。しかし、動力を持たないパラグライダーは着陸のやり直しがきかないため、ある程度の経験が要求されます。

 このページでは、動画を使ってランディング方法を紹介します。Uターンアプローチによって、双海エリアにランディングします。

双海エリアランディングデモを見る

ご注意
  • Java Scriptを使用しています。Java Scriptを有効にして実行してください。Flashは使用していません。
  • Internet Explorer 6以外では動作しません。
  • ドメインごとにセキュリティレベルを設定している場合、信頼するドメインは、http://www.kissy-software.com/となります。

 このデモはJMB四国パラグライダースクールのインストラクター高木さんの協力のもと、タンデムフライトで作成されました。背景の写真も高木さん提供です。



 ランディング方法にはいろいろありますが、複数のパラグライダーが同時にランディングしようとしている場合の整理の目的もあり、最近ではここで紹介されている「Uターンアプローチ」が主流になっているそうです。

 デモでは難しそうに見えますが、実際に飛ぶときは2人乗りのタンデムフライトで慣れた後、無線で誘導してもらえますので安心です。多くの人は、20〜30本も飛ぶと、誘導なしで自己判断して降りられるようになります。

 なお、ランディング方法は風の状況や地形によって異なるため、常にこのランディング方法がいいとは限りません。また、写真では高度が実際の感覚より低く写ります。フライトの参考にするとしても、必ずインストラクターの指示に従った方法でランディングしてください。

次のページ:フライトデモ